田中かんじ わたしの約束

「人生100年時代、急速な人口減少、少子高齢化に対応し誰もが生き生きと元気に暮らせるまちづくりのための5本の柱」

 

1.「地域コミュニケーション力の再生」  ~まちづくりの原点は町内会~

児童・高齢者・障害者福祉、地域の防災・防犯、教育、環境問題などの多くの分野で町内会の役割が重要です。「地域のことは地域で」を基本に、問題解決に向けて町内会が共に協力し、行政と協働できる地域コミュニケーション力の充実

  1. 「地域コミュニケーション力(町内会)再生計画」の拡充と行政支援の充実 
  2. 町内会の声を市政に反映する仕組みづくり
  3. 町内会からご提案いただいた公共事業の実現に向けた取り組みによる地域の問題解決
  4. 地域で活動するNPO等を支援し、住民・NPO・行政が協働できる仕組みづくり
  5. 町内会エリアマップ、校区マップの作成、ハザードマップの更新

2.「子供の教育」  ~伝統・歴史・文化を大切にする心を育くむ教育環境の実現~

自分たちの住むまちの伝統、文化、歴史をしっかりと教えることにより郷土愛が育くまれる。それにより地域の絆が生まれてくる。ふるさとの未来を担う、たくましく、知性豊かな人材を育てます。

3.「安心できる福祉」  ~福祉の公平・公正~

子供からお年寄りまで誰もが安心して、暮らせる福祉社会の実現を目指します。

  1. 高齢者の方々が安心できる医療・介護制度の充実 
  2. 子育て支援(医療助成・保育・虐待防止等)の充実 
  3. 障害者の方々の居場所づくりの支援を充実し、ノーマライゼーション社会の実現 

4.「地域経済の活性化」  ~登別の地場力を活かした経済の活性化対策~

中小企業の元気が、登別の活性化につながる。産業政策を積極的に展開します。

  1. 中小・零細企業に対する金融、経営支援の充実
  2. ベンチャー企業や新規産業の積極的な支援
  3. 登別ブランドの戦略的展開
  4. 産学公(企業・学術機関・行政)連携の充実
  5. 企業の活性化により雇用拡大を図り、父・母子家庭の就労支援の拡充
  6. 観光政策の積極的展開(通年観光の魅力発掘)

5.「行財政改革の推進」  ~行政とのコミュニケーションの確立に向けて~

行政の責務は、市民の生命と財産を守り、市民福祉の向上と、安全で安心な暮らしの実現にあります。そのために、効率的かつ効果的な行政運営が必要とされます。

  1. 無駄のない効率的かつ効果的な政策立案(予算)の推進
  2. 審議会等の運営の合理化
  3. 行政評価制度により、施策の効果を検証
  4. 政策立案過程における市民ニーズの現状把握とさらなる拡充

 -----   2018 copyright   kanji tanaka   ---

ーーーーー プロフィール ーーーー
1971年 北海道登別市立幌別中学校 卒業
1974年 北海道室蘭栄高等学校 理数科 卒業
1978年 室蘭工業大学 電子工学科 卒業
1994年 登別青年会議所 理事長
2007年〜2011年 登別市民自治推進協議会 会長